ご遺族の心に寄り添う、
プロフェッショナル。

西峯 直岐

仏事関連事業部 仏事サポート 営業

「あなたがいてくれて助かった」
この言葉が、何よりの大きなやりがい。

セルビスではお亡くなりになられた方のご供養、そして遺されたご家族・ご親族の皆様に寄り添ったサポートをさせていただく為に役割が大きく2つに分かれています。ひとつは大切な故人様をお偲びするお通夜式や葬儀・告別式を故人様の趣向やご遺志を第一に考え、ご家族と共に滞りなく執り行うためのメモリアル事業の葬儀アドバイザー。そしてもうひとつは私が担当している、ご葬儀後にご遺族の元へ訪問しご葬儀に対するご意見をお聞きするとともに、今後行わなければならない役所への各種手続きや法的な処理などのご説明、さらに初七日や四十九日といったご法要の流れやご作法、またそれに伴い必要になるお供養品の準備といったご遺族と共にこれから行っていかなければならない事柄についてアドバイスをさせていただく仏事関連事業の仏事アドバイザーです。
ご葬儀後の悲しみの中でなにをすればいいのかわからないという方が多くいらっしゃいます。そうした方々の心に優しく寄り添い、お困りごとをご遺族と共に解決させていただく事が私の責務です。そうしてご遺族の不安を少しでも取り除く事ができ、「西峯さんがいてくれて本当に良かった、ありがとう」というお言葉を頂戴した時には大きなやりがいを得られますし、この仕事を選んで本当に良かったと感じることができますね。

お客様の声に真摯に耳を傾ける。
そこから、信頼関係が築かれていく。

私たち仏事アドバイザーはご葬儀後、とても大きな悲しみを抱えたご遺族のもとに訪問しますので、身だしなみや言葉遣いに注意を払い些細なことで相手様を傷つけない事、悲しみを助長しない心掛けが必要です。また、経験や知識の少ないご遺族に対して的確なサポートができる知識量や少ない情報量から相手の意図を汲み取るコミュニケーション能力も求められる仕事です。例えば最近では「家族葬」といった小規模のご葬儀を希望される方が増えていますが、ご葬儀に参列される方が制限されるため、後日自宅にお参りされる方が多くなり、結果的にご遺族の心労が増してしまったというお声もよく聞かれます。
私たち仏事アドバイザーは真摯にお客様のお声に耳を傾け、その心労を和らげるだけでなく、そうした情報を次のお客様へのアドバイスに役立ててもらうよう、会社を通じて社会にフィードバックしています。仏事アドバイザーは四十九日以降も百か日、一周忌、三回忌と仏事が続く限り長くお客様に寄り添い続けていく仕事ですから、私も専門知識やコミュニケーション能力、そして人間力にさらなる磨きをかけ、お客様から絶大な信頼をいただけるプロフェッショナルになれるよう努力していきます。

新たなサービスの追求を目指し、
より多くの方に、セルビスの事業を広めたい。

私は、もともと冠婚葬祭といった人生の節目の儀式に関わる仕事に興味があり、なかでも短い時間の中でお客様のご要望をお聞きし、それを実現しなければならない葬儀こそ究極のホスピタリティを提供できる仕事ではないかと考えこの業界を志望しました。さまざまな会社がある中でセルビスは他のどこよりもお客様それぞれに合った優しいご葬儀を提案しており、そうした企業姿勢に惹かれ入社を決意しました。
セルビスは冠婚葬祭を中心に幅広く事業を展開していますが、その全てが事業利益は二の次で、どんなことをすればお客様に喜んでいただけるか、それをどのようにすれば実現できるか、それがお客様にとって優しいことならやってみようという発想から生まれています。高齢者人口が増加している日本において、葬祭業は数少ない成長産業と言われています。価値観の多様化と共にご葬儀の形態やご供養のあり方は今後さらに変化していくと思いますが時代のニーズの先を読み、そしてお客様から頂戴するお言葉をヒントにしながら、より多くの方に「何か困ったことがあったらセルビスに相談しよう」と言っていただけるよう、新たなサービスの追求・認知度の向上に貢献できる人材になることが現在の夢であり目標です。

エントリー

あなたのご応募を、
心からお待ちしています。