お客様にとって最高の空間を創造する
プロフェッショナル。

井上 匡司

アーキテクト事業部 建築設計

まずはお客様目線、そして経営目線。
両方を大切にしながら、建物を想像する。

セルビスグループではお客様に喜びと安らぎをご提供するためにさまざまな事業を展開しており、その事業展開の舞台になっているホールや店舗といった自社建物の新築・改修工事の設計監理を行っているのが、私たちアーキテクト事業部になります。幅広い事業を展開している分、手掛ける建物も実に多彩で、例えばメモリアルホールと飲食店ではお客様のニーズや必要な設備も大きく違います。それをどのような設計にするのか、その着想も自ずと異なってきます。また、設計だけを請け負う設計事務所ではなく、事業主という立場で設計を考える場合は、よりお客様目線が求められると共に、ビジネスを成功させるにはどのような建物が必要かといった経営目線、そして責任感が必要になります。加えて、お客様やスタッフの声を直接聞ける立場でもありますので、そうした声を参考にし、何もないところからお客様がご利用になられる姿を想像し、建物のコンセプトをイメージしながら設計という形に落とし込んでいく。さらにそこから実際に建物が完成して多くのお客様のお姿を拝見できる、その全ての過程に関われるのはとても面白いですし、やはり使っていただいた方の喜びの声をお聞きできたときは、やりがいを感じます。

諦めず、一生懸命に取り組むこと。
全てはそこから始まる。

新築、改修に関わらず建物の設計監理業務には困難が付き物だと言っても過言ではありません。例えば飲食店のリニューアル工事ですと、できるだけ早くオープンさせたほうが経営的にはメリットが大きいため、1、2日という短い期間で仕上げなければならない、といったケースもあります。そうした工期、予算やクオリティの全てに妥協せず、施工業者と一致団結し、時には一緒に汗を流し、激論を交わしながら、現場のリーダーとしてチームを引っ張り、ひとつの物を作り上げていく。そうした苦労を経て完成した時が一番嬉しいというか、ホッとできる瞬間です。設計監理の仕事には建築の専門知識やCAD、CGのスキルも必要ですが、やはり一番大切なことは、最後まで諦めずにやり抜く責任感や忍耐力ではないかと考えています。少なくとも数百万、多いときは何億という大金を費やす仕事ですから、失敗できないプレッシャーを感じることも少なくありません。そうしたプレッシャーをやりがいや面白みに変えられるくらいの責任感を持った方、そして目の前の仕事にとにかく一生懸命に向き合える忍耐力を持った方に、ぜひ挑戦していただきたいですね。

お客様にもっと喜んでいただけるために、
必要不可欠な人材であり続けたい。

セルビスグループはお客様に喜んでいただけること、お客様が優しいと感じていただけることを追求し、新しいことへのチャレンジをどんどんやり続ける会社ですから、さまざまな建物の設計をやってみたい、という方にもお薦めです。日々の業務に関してもパソコンに向かって図面を引いたり、設計事務所や施工業者と打ち合わせをしたり、施工現場に立ち会ったりと、目まぐるしく動きながら、新鮮な気持ちで日々の仕事に取り組んでいます。そのせいでしょうか、休日はドライブに出かけたり、テレビを観ながらゆっくりしたりと、なるべく仕事のことは忘れるように心掛けています。設計の仕事は何もないところから線を1本ずつ引いていく、コツコツと積み上げていく根気と集中力の要る作業ですから、ONとOFFのメリハリは必要だと思います。また設計の仕事は専門性の高い仕事でもありますから、常に最新情報にアンテナを張りつつ、よりよいものを形にできるよう、スキルを極めていきたいですし、ご利用いただいているお客様にとっても優しく、使いやすく、そして居心地のいい建物を創造するために必要不可欠な人材であり続けられるよう、これからも自分を高めていきたいですね。

エントリー

あなたのご応募を、
心からお待ちしています。